東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にかなった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。 開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップで。 font>

2017年2月28日火曜日

絹の肥料はバイオゴールド

絹の肥料は有機肥料のバイオゴールド。 
 
三年前の2月に双葉が出た苗と二年前に双葉が出た苗にバイオゴールドを
与えています。

二年苗にはバイオゴールドを4粒、三年苗には13~14粒、クリスマスローズには
大変豪勢なご馳走ですが、対の中に発生する有用なバクテリアを多く発生させるのに役立つ。
 
 
 2月末から3月に泣けては三寒四温と言う言葉もありますが徐々に気温も高くなってくる頃。
絹の葉も活きよい良く伸ばし開花にやくだてるにはリンだカリだとの肥料成分に気を使うより、むしろ根を活発にして病害からの攻撃に抵抗力を強めるためにも有用なバクテリアが土の中に多い方が良い。

2017年2月24日金曜日

庭植えの絹と卑弥呼

 昼間は暖かいお日様が燦々としてきますのでジャンバーを脱ぎ去っての作業ですが、日が西に沈んで影が出来てくると、さすがまだ2月。

とは言っても春の日差しにクリスマスローズ達も堅いつぼみを持ち上げてお客様のもとに旅立とうとしています。

画像は卑弥呼と絹。
オリジナルのクリスマスローズですが庭に植え込んでから三年目の卑弥呼。
1月初め頃には蕾を持ち上げ今が花の盛りです。

も一つは去年の11月に庭に植え込んだ絹。

昨年、池袋のサンシャインシティのクリスマスローズ展で飾られた絹ですが、4月に大株を4つに株分けしてのこ知っていた片割れで淡いピンクの蕾を持ち上げています。

 



2017年2月22日水曜日

雨降って絹のご機嫌も直ったようです


正直、今シーズンのクリスマスローズほどあたふたしていることはかってないことでした。

花は例年より早く咲いてきたり、空気の乾燥からか花の上がりが鈍かったりとしていましたが、先日の雨のおかげか絹などは蕾が気前よく昇りそうです。

何年、種を蒔いても失敗はつきもの、発芽してからの施肥の希釈を間違えたりで1年を棒に振ったり、一部のクリスマスローズは古葉さえも刈れずにいます。

今日は久しぶりに、少しだけ時間が出来、カメラのシャッター音も軽快でした。

2017年2月19日日曜日

クリスマスローズ 絹


 
発芽してから4~5年、体力が付いてくると2~5本程度の花茎を持ち上げてきます。
 
うっかりすると3年くらいで花を付けてしまうことがでてきますが、この時の蕾はできる限り切り取ってしまいます。
 
この画像は今日咲いてきたもので発芽から5回目の春を迎えます。

2017年2月15日水曜日

ディド(Dido)とは何者?

クリスマスローズ。

ヘレボルスの原種、トルカータスのダブルです。


それはそうとして、先日のこと、久しぶりにネットサーフィンをしていると、パーティドレスのダブルのもとになったディド(Dido)と言うのを見つけた。

実生のディド(Dido)。

目を見張ってしまいました。
実生のディド(Dido)とは何者?。

ディド(Dido)はストラングマンさんが発見したトルカータスの二つの八重のうちの一つに付けられた名前。

それが実生で有るという。

過去、株分けされたディド(Dido)は日本はもとより各国のナーセリーや個人に譲られているとうことは聞いているが、実生のディド(Dido)とは何者という感じで正直ビックリ仰天です。

ディド(Dido)の子供とか孫とかの実生とか言うのなら、いくらでも有るでしょうがディド(Dido)という
実生苗はあり得ない。

ディド(Dido)の実生というのなら、すでにそれはディド(Dido)では無くてトルカータスの実生と言うべきでは無いでしょうか。

画像のグリーンダブルの花は、ディド(Dido)の子供の子供。
つまり孫というものです。

有る生産者のもとに嫁いたディド(Dido)をセルフで種取をして、その子供を再度セルフで種取。
その種から生まれて株です。
現在、三株有る中でクロスで種取をして苗を作っていますが、それはディド(Dido)由来であっても、すでにディド(Dido)では無い。

強いて言うところではトルカータスのダブル。

世の中にはビックリ仰天というのもが有るんですね。