東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にかなった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。 開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップで。 font>

2017年2月19日日曜日

クリスマスローズ 絹


 
発芽してから4~5年、体力が付いてくると2~5本程度の花茎を持ち上げてきます。
 
うっかりすると3年くらいで花を付けてしまうことがでてきますが、この時の蕾はできる限り切り取ってしまいます。
 
この画像は今日咲いてきたもので発芽から5回目の春を迎えます。

2017年2月15日水曜日

ディド(Dido)とは何者?

クリスマスローズ。

ヘレボルスの原種、トルカータスのダブルです。


それはそうとして、先日のこと、久しぶりにネットサーフィンをしていると、パーティドレスのダブルのもとになったディド(Dido)と言うのを見つけた。

実生のディド(Dido)。

目を見張ってしまいました。
実生のディド(Dido)とは何者?。

ディド(Dido)はストラングマンさんが発見したトルカータスの二つの八重のうちの一つに付けられた名前。

それが実生で有るという。

過去、株分けされたディド(Dido)は日本はもとより各国のナーセリーや個人に譲られているとうことは聞いているが、実生のディド(Dido)とは何者という感じで正直ビックリ仰天です。

ディド(Dido)の子供とか孫とかの実生とか言うのなら、いくらでも有るでしょうがディド(Dido)という
実生苗はあり得ない。

ディド(Dido)の実生というのなら、すでにそれはディド(Dido)では無くてトルカータスの実生と言うべきでは無いでしょうか。

画像のグリーンダブルの花は、ディド(Dido)の子供の子供。
つまり孫というものです。

有る生産者のもとに嫁いたディド(Dido)をセルフで種取をして、その子供を再度セルフで種取。
その種から生まれて株です。
現在、三株有る中でクロスで種取をして苗を作っていますが、それはディド(Dido)由来であっても、すでにディド(Dido)では無い。

強いて言うところではトルカータスのダブル。

世の中にはビックリ仰天というのもが有るんですね。

サンシャインシティのクリスマスローズ展 17日から


 

 


待ちに待った池袋サンシャインシティのクリスマスローズ展が17日の金曜日から開催されます。

気象情報によると金曜日は気温17度前後、とても暖かくて行楽日和。

今日、クリスマスローズを販売してくれる、ミューガーデンさんが仕入れに来てたっぷりと車に積み込んで帰りました。


 
絹の株は若干ですが、毛色の変わったところで秋田の高杉氏由来の舞妓。

ダブル・セミダブル・シングルと、デポとなっているハウスに到着。

これらの子達も17日にはミューガーデンの棚に並ぶ予定です。

お友達を誘ってブラリサンシャインシティのクリスマスローズ展を散策してください。



2017年2月14日火曜日

クリスマスローズ 春の絹

 
まだ寒い季節が続きますが、お日様は春の様子。

そんな暖かい日差しを浴びて絹の苗も喜んでいるようです。

この絹、昨年の2月には発芽して、11月に二度目のポット変え。
今、春の新葉を気持ちよく伸ばしてくれています。

いろいろあるクリスマスローズの中でも、初期生育、発芽してからの二年間は正直棄ててしまいたいような気分に駆られますが、数年後の淡いピンクの清楚な花を思い浮かべると小さな苗が愛おしくなってきます。

どんな時間が、一番好きと聞かれるとまず双葉が開こうとする頃、そして冬の最中に小さな蕾が膨らんで花茎が立ち上ってくる頃。

そんな時間が一番好きな時間です。

この絹の苗も、あと三年。
三年後の今頃には「お待たせ」と言って綺麗な花を咲かせてくれるでしょう。

2017年2月10日金曜日

親の気持ちを知らないクリスマスローズ

 
 親の気持ちを知らないクリスマスローズとは絹のことかも知れません。

双葉が出てから満3年、バイオゴールドのご飯を食べたせいか、5年目の春に花を咲かせれば良いのに暮れの頃から蕾を見せてくれるものも時々ある。

初期の頃の育種では丸5年過ぎてやっとのこと花を見せてくれましたが、タクトのバイオゴールドに切り替えてから満三年で蕾を付けるものも出てきました。

昨年の秋に販売した絹の苗でも、お客様のもとに嫁いて今頃はピンクの蕾を上げ始めているかも知れません。

この画像は今日撮影したものですが、苗の中には葉脈に白や薄いピンクの模様が入っているものもあって葉の楽しみも増えそうです。