東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にかなった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。 開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売で。 font>

2016年12月31日土曜日

ゆく年くる年 来年も良い年でありますように

 
 2016年もあと僅かで2017年。

ブログをお読みの皆様はどんな年でしたでしょうか。

もうすぐ、年末恒例に紅白歌合戦、高速道路も昨日の混みようも薄れてすぐ側を走っている高速6号線も静かになっている東京の大晦日です。

クリスマスローズの花も全国的に秋の天候が優れなかったせいか、いささか例年より早く咲いてきているのではと感じます。

今年以上に、来年も皆様にとって良い年であるように願っています。

テラコッタに植え込まれた絹の大株

絹の一年苗

絹の発芽
 
 
 

2016年12月28日水曜日

サンシャイン クリスマスローズの世界展 招待券プレゼント発表

 
来年2月に池袋サンシャインシティで開催される「クリスマスローズの世界展」のご招待券プレゼントの当選者発表です。
 
本日、5時に締め切らせていただきました。
 
23名のブログ読者の方々からお申し込みいただきました。
 
そのお申し込みいただいた方の中にお名前やご住所が書かれていないものが2通。
 
そのお二人を除きました方から5名の読者に方にお送りさせていただきます。
 
ネット上ですのでお名前は伏せて、都道府県とお名前の頭文字にて発表となることをご了承ください。
 
神奈川県  野 様
千葉県   粂 様
山梨県   中 様
埼玉県   西 様
東京都   今 様
 
年の瀬ですのでお送りするのは年明けの5日頃になると思います。
 
15回を迎えるクリスマスローズの世界展には、当ファームもナーセリーコーナーにて絹の大株を出展する予定で、現在10株の30センチを超えるテラコッタに納めて準備中です。
その10株の中から、展示会に出展する株を4~5株出展する予定ですので、ぜひとも遊びに行っていただけたらと思います。
 

 


2016年12月24日土曜日

チベタヌスの蕾


蕾が膨らんできた今日の四川省、実生チベタヌスの蕾です。
 
 
辺境、チベットの山中で再発見されてしばらくたちますが日本でも若干ですが密かに作られています。
山取されて小分けし輸入したチベタヌスの蕾付きの苗は、根が切られているためと日本の夏、高温多湿の環境では栽培は非常に難しいとされています。
過去、数十株輸入したチベタヌスを栽培しましたが、ほぼ全滅と言っても良いほどの結果で数株だけがかろうじて残っているだけです。
輸入され販売されているチベタヌスは中国甘粛省あたりの山取と思われますが、この蕾のチベタヌスは四川省の産。
 
国内で実生されているだけあって根は切られることも無く、毎年若干の鉢ゆるめではル先には淡いピンク色の花を見せてくれていて、ちょうどこの時期から蕾が大きくなってきます。
 
クリスマスローズのハイブリッドですと日本のほぼ全域で栽培が可能です。
経験上、チベタヌスは実際のところ鉢土の温度をいかに下げるかで腐らせてしまうか健康に育てられるかが決まりそうです。
輸入されたチベタヌスは根洗いされているため根の隙間にいかに用土を詰め込めるかでその後の成長にも大きな変化が現れてきます。
 
四川にしても甘粛省にしても、関東などの平地では難しくても長野や群馬などの、夏の日中、高温になったとしても夜温が下がる地方では楽に庭先で栽培が可能かと思います。
 

2016年12月23日金曜日

クリスマスプレゼント 展示会招待券プレゼント

 
2017年2月17日より池袋サンシャインシティで開催される「クリスマスローズの世界展」の招待券プレゼントです。
 
これはクリスマスプレゼントとして、毎年、ブログで行っている恒例の行事です。
 
ブログをお読みいただいている読者プレゼントで、お一人様招待券2枚を5名の方にプレゼントいたします。
 
 
若泉ファームのサイトTOPページに設置しています、お問い合わせよりお申し込みください。
 
お名前、郵便番号、ご住所をご記入の上お申し込みください。コメントなどいただけると嬉しく思います。
 
締め切りは28日17時までとさせていただきます。
 
お申し込み者多数の場合、抽選にてお送りさせていただく方を決めさせていただきます。
 
お送りする方の発表はこのブログにて行い、都道府県名とお名前の頭文字にて発表に代えさせていただくことをご了承ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年12月20日火曜日

庭植えのクリスマスローズに花芽が


庭に植え込んでいるクリスマスローズは売れ残りのハイブリッド。
 
売れ残りとはいっても立派なハイブリッド。
 
鉢増しするには時期的に遅くなり、鉢に納めるより地球にお世話いただいた方がよろしいかと数年ほど前に庭先に植え込んだピンクベィンとホワイトのダブル。
 
場所が気に入ったのか毎年2月の半ばには花を見せてくれる。
それはこの開花したピンクとホワイトの花。
 
今日、庭の掃除が終わり写真に納めたのが葉だけで蕾が膨らんできた株。
 
あと2ヶ月で今年の春より豪華に花を見せてくれる。
 
 


2016年12月18日日曜日

展示会に向けて 絹の植え替え



クリスマスローズ展示会出品用の絹、10株を全て植え替えし鉢のお化粧に軽石などの混合土を載せています。

都合、30センチ超えのギリシャ製とイタリア製、そして秋に仕入れたウィッチフオードのテラコッタへ。

 すでに発芽してから7~8年過ぎた大株で、蕾も数知れなく軸基に宿っています。
その絹、10株のうち、どのくらいが展示会に合わせて都合良く咲いてくれるか。

植え込む鉢の大きさは30数センチの口径。

それまで入っていた鉢から抜き出してみるとクリスマスローズ特有の根がびっしりして、解すにも一苦労しますが、それにもまして植え込みは根解し以上に神経を使います。

開花したときには艶めかしいほどの淡いピンク色を見せ実生特有の旺盛な育ち方を見せてくれます。


ヨーロッパから輸入した鉢特有の癖があるため、植え込むとき以上に一年後の植え替えには手こずりそうです。