東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にかなった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。 開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売で。

2017年6月27日火曜日

梅雨空に覆われたアガパンサスの季節


空はどんよりした梅雨空で今にも雨が降ってくる感じです。

つい、数日前までは雨が降らないと嘆いていましたが、いざ梅雨空が天を覆ってくると晴れの空が懐かしく感じます。

アガパンサス。

南アフリカの原産です。

アフリカと聞くと暑いと思うのは常ですが、アフリカと言っても砂漠もあり、密林のジャングルは有り、草原も有りでなんでも有りのようです。

そのアフリカからやってきたアガパンサス。

日本の空気に合ったのか数株植えると数年後にはジャングル状態で梅雨空を吹き飛ばしてしまうほど茂って薄い空色の花をたくさん咲かせて、うっとうしい梅雨空を楽しげに見せてくれる最たる花です。


草そのものの丈は5~60センチほど。
茎の間からスクッと花茎を伸ばしてその先端に葱坊主のように花を咲かせてくれます。






関東地方での開花時期は6月中旬過ぎ。

梅雨に入ろうか入るまいかと言う頃に茎を伸ばし始めてきます。










このアガパンサス。

クリスマスローズととっても似合う植物です。

ギボウシと同様、土を緑の葉で覆ってくれます。

クリスマスローズの大きな葉がやはり土を覆ってしまうと、どこからか小鳥さん達が運んでくれた草の種から芽生えて草たちは日光を仰ぎ見ることが出来なくなって枯れてしまいます。

そのためも合ってやっかいな草取りの手間が省けること請け合い。

園芸店で売られていたら、いますぐ一株植えると良いかも知れませんよ。

ただしクリスマスローズから50センチ位は離してくださいね。


2017年6月4日日曜日

絹の夏越し

 
 梅雨の季節、6月に入りました。

庭植えのクリスマスローズもヒメシャラやナツツバキ、モミジの葉陰で涼しく過ごしています。

絹は特等席、70パーセント遮光のビニールハウスで元気に夏をやり過ごそうとしていますが、ただやり過ごさせるだけで無く春先からのダニ予防のためのダニ剤を一定期間ごとに散布していますので今のところダニの被害は見当たりません。

浸透移行性の粒剤を用土の中に混ぜるのと、液剤を一定期間ごとに散布していませんと気が付いたときには葉をぼろぼろにされる恐れがありますのでお求めいただいたお客様方には細心の注意を払っていただけたらと思っています。


ニゲルやアゥグチフォリウスを使った交配種ではダニだけで無く蛾や蝶の幼虫によって葉を食い荒らされてしまいます。
上は蝶の幼虫に食われた痕ですが、鉢土には浸透移行性の粒剤を入れてありますので食い荒らされる前に薬の毒に当たって幼虫は死んでしまったようです。

全国的にモンシロチョウなどは少なくなってきているようですが、もしクリスマスローズの近くをモンシロチョウが飛び回っていたら注意してください。

飛び回ってから2週間ほどすると卵から孵った幼虫の食害が見られます。

飛んでいるときの蝶は綺麗で可愛いのですが、幼虫時代は食欲旺盛でニゲルなどの柔らかい葉はものの見事に食い荒らされてしまいますので狂って出てくる新しい葉には注意してください。




2017年5月30日火曜日

クリスマスローズの種販売開始いたしました

 
2017年のクリスマスローズの種販売開始いたしました。
 
新しい品種も幾つか出来た年ですが、昨年の春に開花させたニゲルのダブルの販売を開始いたしました。
 
 http://www.wakaizumi-farm.com/shop/0.html

例年、5月中旬頃にクリスマスローズの種の採取にかかりますが、全ての組み合わせをメモしたりで販売まで意外と時間がかかってしまったり、また今年は原種のほとんどを更新していますので種子そのものがほんの僅かしか採取できなかったりしました。

その中でもニゲルのダブルは昨年より親として使っていたりしましたので販売を開始できたのが何よりでした。

クリスマスローズのシーズン中、人気の大きかったのはもちろん絹や雅ですが、絹の販売は開花株と苗に絞って行いますので今年度より種の販売は中止させていただいております。

 
また引きの多いのはペールピンクやホワイトの濁りの無い花、これらが今年のトレンドではなかったかななんて感じています。

採取する種子も大量には出来ませんので、無くなり次第終了とさせていただきますのでお早めにご注文いただけたらと思っています。


2017年5月24日水曜日

もう少しでクリスマスローズの種販売が始まります

 
 ほぼ、9割方クリスマスローズの種を採り終わり品種別に袋に入れる作業をしています。

園芸の最高の楽しみ方、寒い季節に小さな種から双葉が顔を見せ、本葉が現れ日々大きくなって花を咲かせる。

クリスマスローズのお求め方としてはいろいろありますが、ただ、花を咲かせて愛でることだけで無く小さな種から育てるのも大きな楽しみ方ではと思います。

販売するクリスマスローズの種は全て自園で咲かせた、またブログやFacebookなどで紹介した花から他家受粉で交配し種を採取しています。

http://www.wakaizumi-farm.com/itemlist.html

袋つめももう少しで終わりますので、今週末頃にはネットショップで販売を開始できるかと思いますので楽しみにお待ちくださるようお願いいたします。





2017年5月23日火曜日

アゥグチフォリウスの種採取と意外な話し

 


アゥグチフォリウスの種採取を開始しています。

クリスマスローズの種類の中では最も大きく育ちますが、いまいち人気の盛り上がらない種類です。
花の色は緑、茎のある有茎種で派手さが無いのが原因かと思いますが、一般に安価でホームセンターで苗が売られていることも一つの原因かも知れません。

しかし無茎種のハイブリッドには無い魅力を備えていることはあまり知られていません。

このアゥグチフォリウスは二つの魅力があります。

一つはボーダーの花壇に植え込まれると無茎種のクリスマスローズには無い存在感を見せてくれ、またもう一つは房状に広がる緑の花、これがセンス豊かなテクニシャンの花屋さんにもてはやされます。


単に花束を作るのではなく、アレンジの素材として。

数年ほど前に花の卸問屋の方が4月も半ばを過ぎて訪ねてきたことがあります。

結婚式の会場飾りに緑のクリスマスローズを所望したお客様が居て、クリスマスローズがこよなく好きで、それも緑の花をブーケに使いたいとのこと。

その頃はクリスマスローズの花も終わりを告げて、アゥグチフオリウスだけが庭の片隅で種を採られるのを待っている。

種さやは膨らんでいてほぼ花は終わりと言う具合でしたので差し上げられませんでしたが、聞くところによるとアゥグチフオリウスの切り花は市場でここだわりのアーティスト達につかわれているそうで、市場の価格もだいぶよろしいみたいです。

2017年5月12日金曜日

立てば芍薬座れば牡丹 歩く姿は百合の花

 立てば芍薬座れば牡丹 歩く姿は百合の花。

クリスマスローズの事を忘れてしまった訳ではありませんが初夏の花と言ったら芍薬、そして牡丹。

ここ最近は、清々しい初夏と言うより暑すぎる初夏。
そして降雨が無く庭の土は乾いてしまって植物には苦しさを与えているようで心苦しい季節です。


クリスマスローズの花は開いてから1週間や10日は楽しめますが芍薬と言ったら開いてからほんの僅かな命。

派手な花に似つかず、そこに人気の源でもあるのでしょうか。

2017年5月10日水曜日

姫ヒオウギスイセン



大陸から海を越えてやってきた黄砂が車のボンネットを白く汚していますが、昨夜からの雨で少しは汚れが落ちてきたようです。

地上では春爛漫と姫ヒオウギの花が咲いて一月前とは違い賑やかになってきました。

この姫ヒオウギ、綺麗で、そして可愛いのですが、すぐに種を結びあちらこちらにまき散らすのが難点。

最初は3号程度のポットに数株入っているのを購入して、おもしろ半分に種取をして庭に蒔きましたら、翌年には稲のような葉を延ばしてくれ親の心子知らずとでも言うように咲き誇っています。

芝の中で咲いているのは土の中にある球根を掘り起こして棄てるしだいで、九州のある地方ではこの姫ヒオウギの仲間、ヒオウギスイセンは庭に植え込んだり県に移入するのを禁止しているとか。


2017年5月8日月曜日

初夏 クリスマスローズとギボウシ

クリスマスローズの花が終わると季節はギボウシ。
 
英国風というようにギボウシを日本のものでは無いように思われるかも知れませんが、どっこいギボウシは日本や中国などの湿った林の中に自生している。
 
人気はもう少しというところが有りますが、初夏のお日様をナツツバキやモミジの葉陰でお菊葉を広げていく様は答えようも無い喜びです。
 
寒い冬には葉を枯らして冬芽だけでやり過ごし、木々が芽吹く頃になると一斉に葉芽をたちあげてクリスマスローズの花が終わって、少し寂しくなった庭を賑やかにしてくれます。



ギボウシの花芽。
 
あと数日で花が開いてくれます。
 
花には清々しい香りを話す品種もあり、ちょっとだけクリスマスローズから浮気しても良いかななどと。


2017年4月29日土曜日

ゴールデンウィーク初日

 気がついたらBlogの更新を2ヶ月もサボってしまいました。

サボったと言うことではなくフェースブックの方に投稿が偏ってしまったのが原因です。

そうこういうっているうちに東京ではクリスマスローズの花も終わってしまい初夏の花たちが庭を彩るようになってきました。

このシランもそのうちの一つ。



2017年2月28日火曜日

絹の肥料はバイオゴールド

絹の肥料は有機肥料のバイオゴールド。 
 
三年前の2月に双葉が出た苗と二年前に双葉が出た苗にバイオゴールドを与えています。

二年苗にはバイオゴールドを4粒、三年苗には13~14粒、クリスマスローズには
大変豪勢なご馳走ですが、土の中に住んでいる有用なバクテリアを多く発生させるのに役立つ。
 
 
 2月末から3月にかけては三寒四温と言う言葉もありますが徐々に気温も高くなってくる頃。
絹の葉も活きよい良く伸ばし開花にはリンだカリだとの肥料成分に気を使うより、むしろ根を活発にして病害からの攻撃に抵抗力を強めるためにも有用なバクテリアが土の中に多い方が良い。

2017年2月24日金曜日

庭植えの絹と卑弥呼

 昼間は暖かいお日様が燦々としてきますのでジャンバーを脱ぎ去っての作業ですが、日が西に沈んで影が出来てくると、さすがまだ2月。

とは言っても春の日差しにクリスマスローズ達も堅いつぼみを持ち上げてお客様のもとに旅立とうとしています。

画像は卑弥呼と絹。
オリジナルのクリスマスローズですが庭に植え込んでから三年目の卑弥呼。
1月初め頃には蕾を持ち上げ今が花の盛りです。

も一つは去年の11月に庭に植え込んだ絹。

昨年、池袋のサンシャインシティのクリスマスローズ展で飾られた絹ですが、4月に大株を4つに株分けして残っていた片割れで淡いピンクの蕾を持ち上げています。

 



2017年2月22日水曜日

雨降って絹のご機嫌も直ったようです


正直、今シーズンのクリスマスローズほどあたふたしていることはかってないことでした。

花は例年より早く咲いてきたり、空気の乾燥からか花の上がりが鈍かったりとしていましたが、先日の雨のおかげか絹などは蕾が気前よく昇りそうです。

何年、種を蒔いても失敗はつきもの、発芽してからの施肥の希釈を間違えたりで1年を棒に振ったり、一部のクリスマスローズは古葉さえも刈れずにいます。

今日は久しぶりに、少しだけ時間が出来、カメラのシャッター音も軽快でした。

2017年2月19日日曜日

クリスマスローズ 絹


 
発芽してから4~5年、体力が付いてくると2~5本程度の花茎を持ち上げてきます。
 
うっかりすると3年くらいで花を付けてしまうことがでてきますが、この時の蕾はできる限り切り取ってしまいます。
 
この画像は今日咲いてきたもので発芽から5回目の春を迎えます。

2017年2月15日水曜日

ディド(Dido)とは何者?

クリスマスローズ。

ヘレボルスの原種、トルカータスのダブルです。


それはそうとして、先日のこと、久しぶりにネットサーフィンをしていると、パーティドレスのダブルのもとになったディド(Dido)と言うのを見つけた。

実生のディド(Dido)。

目を見張ってしまいました。
実生のディド(Dido)とは何者?。

ディド(Dido)はストラングマンさんが発見したトルカータスの二つの八重のうちの一つに付けられた名前。

それが実生で有るという。

過去、株分けされたディド(Dido)は日本はもとより各国のナーセリーや個人に譲られているとうことは聞いているが、実生のディド(Dido)とは何者という感じで正直ビックリ仰天です。

ディド(Dido)の子供とか孫とかの実生とか言うのなら、いくらでも有るでしょうがディド(Dido)という
実生苗はあり得ない。

ディド(Dido)の実生というのなら、すでにそれはディド(Dido)では無くてトルカータスの実生と言うべきでは無いでしょうか。

画像のグリーンダブルの花は、ディド(Dido)の子供の子供。
つまり孫というものです。

有る生産者のもとに嫁いたディド(Dido)をセルフで種取をして、その子供を再度セルフで種取。
その種から生まれて株です。
現在、三株有る中でクロスで種取をして苗を作っていますが、それはディド(Dido)由来であっても、すでにディド(Dido)では無い。

強いて言うところではトルカータスのダブル。

世の中にはビックリ仰天というのもが有るんですね。

サンシャインシティのクリスマスローズ展 17日から


 

 


待ちに待った池袋サンシャインシティのクリスマスローズ展が17日の金曜日から開催されます。

気象情報によると金曜日は気温17度前後、とても暖かくて行楽日和。

今日、クリスマスローズを販売してくれる、ミューガーデンさんが仕入れに来てたっぷりと車に積み込んで帰りました。


 
絹の株は若干ですが、毛色の変わったところで秋田の高杉氏由来の舞妓。

ダブル・セミダブル・シングルと、デポとなっているハウスに到着。

これらの子達も17日にはミューガーデンの棚に並ぶ予定です。

お友達を誘ってブラリサンシャインシティのクリスマスローズ展を散策してください。



2017年2月14日火曜日

クリスマスローズ 春の絹

 
まだ寒い季節が続きますが、お日様は春の様子。

そんな暖かい日差しを浴びて絹の苗も喜んでいるようです。

この絹、昨年の2月には発芽して、11月に二度目のポット変え。
今、春の新葉を気持ちよく伸ばしてくれています。

いろいろあるクリスマスローズの中でも、初期生育、発芽してからの二年間は正直棄ててしまいたいような気分に駆られますが、数年後の淡いピンクの清楚な花を思い浮かべると小さな苗が愛おしくなってきます。

どんな時間が、一番好きと聞かれるとまず双葉が開こうとする頃、そして冬の最中に小さな蕾が膨らんで花茎が立ち上ってくる頃。

そんな時間が一番好きな時間です。

この絹の苗も、あと三年。
三年後の今頃には「お待たせ」と言って綺麗な花を咲かせてくれるでしょう。

2017年2月10日金曜日

親の気持ちを知らないクリスマスローズ

 
 親の気持ちを知らないクリスマスローズとは絹のことかも知れません。

双葉が出てから満3年、バイオゴールドのご飯を食べたせいか、5年目の春に花を咲かせれば良いのに暮れの頃から蕾を見せてくれるものも時々ある。

初期の頃の育種では丸5年過ぎてやっとのこと花を見せてくれましたが、タクトのバイオゴールドに切り替えてから満三年で蕾を付けるものも出てきました。

昨年の秋に販売した絹の苗でも、お客様のもとに嫁いて今頃はピンクの蕾を上げ始めているかも知れません。

この画像は今日撮影したものですが、苗の中には葉脈に白や薄いピンクの模様が入っているものもあって葉の楽しみも増えそうです。