東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にかなった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売で。

2017年9月24日日曜日

クリスマスローズにダニ発生注意報

しばらく温和しくしていたダニ君が暴れ始めました。

ダニなんてどおってこと無いよと言う方も居るかも知れませんが、ダニの恐怖に襲われ無ければ解らないところが困ったところです。

クリスマスローズのシーズン時、植え替えなどに気を取られている隙にダニが蔓延して葉をぼろぼろにされ枯らしてしまったりブラックデスなどのウィルス病を媒介させてしまうことがあります。

 クリスマスローズに着くダニは3月半ば頃から12月始め頃まで発生します。

暑い夏で空気の乾燥しているときに発生すると本などで書かれているようですが、これは実際の所誤りで経験の少ない方が書いているのではと感じます。

春先からダニが発生しやすいニゲルや、その交配種の葉を毎日見回っていますが数週間見ないこともあろ、安心していると
いつの間にかクリスマスローズの葉が広がる部分などに巣を作ってその周りの葉の上を歩き回っています。
一匹や二匹なら指で潰してしまえばそれで解決となりますが、このダニ君、そう簡単には問屋が卸しません。
一匹見つけたら、即座にダニ剤の散布。
ダニ剤は成虫、幼虫、卵と殺虫効果が異なりますので、まずはねんちゃく君。
このねんちゃく君は科学的に合成されたダニ剤ではなくジャガイモなどのデンプンを主材料として作られていますのでいつでも何回でも散布できることが特徴です。

同時にねんちゃく君を散布されたクリスマスローズの葉をよく見てください。

通常の葉色とは別にクリスマスローズの葉の表面に小さな水を湿らせたようなシミが見られます。
確実なことではありませんがダニに吸汁された痕ではと思われます。
ダニの殺し方はダニの体に纏い付き呼吸が出来なくなり死んでしまうので自然に優しいダニ剤です。

しかし自然に優しいとは言ってみても、成虫のみに効果があり卵や卵から孵ったばかりの幼虫にはそれほど効果が無いところが残念なところです。

他のダニ剤との併用で効果が現れます。


一般の方でも使いやすく販売している瓶の量も少ないダニ剤はコテツ バロック アファームなどがお勧めです。

卵だけで無く幼虫成虫も同時に退治します。

同時にダニだけで無くスリップスなどの害虫にも効果がありますので一石二鳥ですね。

 但し、希釈量が2000倍と極薄く作らなければなりませんのでスポイトなどでしっかり量をはかって散布していただくと良いと思っています。

2017年9月19日火曜日

輸入原種シクラメン 特大球根ネアポリタナム (ヘデリフォリウム) 3球セット販売開始

 植え付け1年後の花と、入荷した原種シクラメン 特大球根ネアポリタナム (ヘデリフォリウム) 
輸入 原種シクラメン 特大球根 ネアポリタナム (ヘデリフォリウム) 3球セットの販売を開始いたしました。
 
トルコで掘り採られてオランダ経由で日本にやってきました。
 
原種シクラメンの人気は少しづつ大きくなってきてネアポリタナムは、日本の秋暑さも薄れてくる頃に小さなピンクの花をたくさん咲かせて、10月になる頃に新しい葉を伸ばし始めます。
 
 http://www.wakaizumi-farm.com/shop/17.html

http://www.wakaizumi-farm.com/shop/17_1263.html

暮れに花屋さんで販売されているシクラメンは、夏に水を切り球根を乾燥させて秋に球根の頭を土の上に出し植え込むようですが、この原種のシクラメン、ネアポリタナムは育て方が若干異なっています。
球根の頭を土に中に隠して植え込みます。
下の画像です。

昨年の秋に植え込み花を楽しみましたが、その頃から今年の5月頃まで太陽にあてて、施肥も十分に施しています。

花をよく見てみますと、色も形もありウサギの耳のように花弁を楽しませて暮れていますので、ハイブリッドのシクラメンなどと比較しますと楽しみは大きくなります。


2017年9月8日金曜日

こよい逢う花 みなうつくしき


 陶芸家の松原さんが10月5日より9日まで、新宿区神楽坂にある神楽坂パルスギャラリーで
「こよい逢う花 みなうつくしき」と題して器展を開催いたします。

すでに回数を重ねこのBLOGをお読みいただいている方々も数多く器展を鑑賞に行かれている秋恒例の展示即売会です。

 展示される数多くの器に描かれているクリスマスローズは若泉ファームで咲いたもので、ハイブリッドの他には原種のチベタヌスが幾つも描かれています。

ギヤラリーの場所は神楽坂ですが、飯田橋の駅から北側に坂を上った、理科大学の裏手にあります。
展示コーナーだけで無く喫茶ルームもありますのでお茶を飲みながら松原さんが制作した器の素朴な美しさなどを楽しんでみてはいかがでしょうか。


2017年9月7日木曜日

新しい投稿を読者にお知らせするコーナーをご存じですか?

新しい投稿を読者にお知らせするコーナーをご存じですか?

 
この「クリスマスローズコレクション 花とおしゃべりBlog」のサイドバーに設置しているコーナーに
メールアドレスを入力してSubmitをクリックするだけで、次の投稿がアップされますと読者あてにGoogleから更新しましたとのメールが届きます。
 
またこのBlogではコメントはGoogleに登録していませんとコメントを書き込むことが出来ません。
それと同時に、BLOGのアドレスにS「https://wakaizumi.blogspot.jp/」が付き、送信が暗号化されています。
至れり尽くせりのBLOGで、広告なども入りませんので記事と写真だけを楽しんでいただけるかと思います。
 
画像は来春発売予定のダブルとセミダブルが一つの花で楽しめるクリスマスローズの新品種Shall We Danceです。
 
詳しくは下のアドレスを参考にしてください。
 
 

2017年9月6日水曜日

原種シクラメンの大玉ヘデリフォリウムの販売が近づいてきました


もう少しするとトルコから原種シクラメンのヘデリフォリウムの大きな球根が入荷します。

巷で販売されている原種シクラメンのヘデリフォリウムは国内での実生が多いですが、昨年に続いて販売されるのは現地で彫り上げて輸入された球根ですので、すぐにピンクの可愛い花が見られ翌年のはさらに数多くの花を球根から立ち上げ、花の色などの変異もありますので秋のガーデニングをお楽しみいただけると思います。


 これら、上に掲載されているのは昨年の秋に輸入されたヘデリフォリウムで販売した球根の中から8球だけテスト的に6号の鉢に植え込んでいたもので8月下旬から細い茎を立ち上げて可愛い花を幾つも咲かせています。
 昨年の秋に販売したヘデリフォリウムの球根です。
大きさは、たばこのサイズと比較してみていただければおわかりかと思いますが球根の中心には数多くの蕾をまとって花を咲かせようとしています。
 ヘデリフォリウムは非常に強健で1年もすると鉢を歪めるように太ってきてくれます。
鉢植えは球根の顔を土の上に出していますが、実際には土で球根を隠すようにして植え込むと良い結果が出てきます。

植え込み後一月ほどです。

用土はクリスマスローズの土と同じですが、若干軽石を多く含ませています。
肥料は化成肥料を植え込み後、一ヶ月してから与え始め今年の5月頃までしっかり食べさせていて、その期間はクリスマスローズと同様お日様にはしっかりとあててきました。

クリスマスローズと同じビニールハウスの中に納めていますが、ダニに注意することと夏期は乾かし気味の管理で十分に暑い夏を乗り切れます。

原種のシクラメンを栽培するのは初めてで右も左も解りませんでしたが、正直、園芸用の、暮れに販売されているシクラメンと比べると栽培方法はかなり易しいのではとおもいます。

販売開始まで後数週間、楽しみにお待ちください。

2017年6月27日火曜日

梅雨空に覆われたアガパンサスの季節


空はどんよりした梅雨空で今にも雨が降ってくる感じです。

つい、数日前までは雨が降らないと嘆いていましたが、いざ梅雨空が天を覆ってくると晴れの空が懐かしく感じます。

アガパンサス。

南アフリカの原産です。

アフリカと聞くと暑いと思うのは常ですが、アフリカと言っても砂漠もあり、密林のジャングルは有り、草原も有りでなんでも有りのようです。

そのアフリカからやってきたアガパンサス。

日本の空気に合ったのか数株植えると数年後にはジャングル状態で梅雨空を吹き飛ばしてしまうほど茂って薄い空色の花をたくさん咲かせて、うっとうしい梅雨空を楽しげに見せてくれる最たる花です。


草そのものの丈は5~60センチほど。
茎の間からスクッと花茎を伸ばしてその先端に葱坊主のように花を咲かせてくれます。






関東地方での開花時期は6月中旬過ぎ。

梅雨に入ろうか入るまいかと言う頃に茎を伸ばし始めてきます。










このアガパンサス。

クリスマスローズととっても似合う植物です。

ギボウシと同様、土を緑の葉で覆ってくれます。

クリスマスローズの大きな葉がやはり土を覆ってしまうと、どこからか小鳥さん達が運んでくれた草の種から芽生えて草たちは日光を仰ぎ見ることが出来なくなって枯れてしまいます。

そのためも合ってやっかいな草取りの手間が省けること請け合い。

園芸店で売られていたら、いますぐ一株植えると良いかも知れませんよ。

ただしクリスマスローズから50センチ位は離してくださいね。


2017年6月4日日曜日

絹の夏越し

 
 梅雨の季節、6月に入りました。

庭植えのクリスマスローズもヒメシャラやナツツバキ、モミジの葉陰で涼しく過ごしています。

絹は特等席、70パーセント遮光のビニールハウスで元気に夏をやり過ごそうとしていますが、ただやり過ごさせるだけで無く春先からのダニ予防のためのダニ剤を一定期間ごとに散布していますので今のところダニの被害は見当たりません。

浸透移行性の粒剤を用土の中に混ぜるのと、液剤を一定期間ごとに散布していませんと気が付いたときには葉をぼろぼろにされる恐れがありますのでお求めいただいたお客様方には細心の注意を払っていただけたらと思っています。


ニゲルやアゥグチフォリウスを使った交配種ではダニだけで無く蛾や蝶の幼虫によって葉を食い荒らされてしまいます。
上は蝶の幼虫に食われた痕ですが、鉢土には浸透移行性の粒剤を入れてありますので食い荒らされる前に薬の毒に当たって幼虫は死んでしまったようです。

全国的にモンシロチョウなどは少なくなってきているようですが、もしクリスマスローズの近くをモンシロチョウが飛び回っていたら注意してください。

飛び回ってから2週間ほどすると卵から孵った幼虫の食害が見られます。

飛んでいるときの蝶は綺麗で可愛いのですが、幼虫時代は食欲旺盛でニゲルなどの柔らかい葉はものの見事に食い荒らされてしまいますので狂って出てくる新しい葉には注意してください。




2017年5月30日火曜日

クリスマスローズの種販売開始いたしました

 
2017年のクリスマスローズの種販売開始いたしました。
 
新しい品種も幾つか出来た年ですが、昨年の春に開花させたニゲルのダブルの販売を開始いたしました。
 
 http://www.wakaizumi-farm.com/shop/0.html

例年、5月中旬頃にクリスマスローズの種の採取にかかりますが、全ての組み合わせをメモしたりで販売まで意外と時間がかかってしまったり、また今年は原種のほとんどを更新していますので種子そのものがほんの僅かしか採取できなかったりしました。

その中でもニゲルのダブルは昨年より親として使っていたりしましたので販売を開始できたのが何よりでした。

クリスマスローズのシーズン中、人気の大きかったのはもちろん絹や雅ですが、絹の販売は開花株と苗に絞って行いますので今年度より種の販売は中止させていただいております。

 
また引きの多いのはペールピンクやホワイトの濁りの無い花、これらが今年のトレンドではなかったかななんて感じています。

採取する種子も大量には出来ませんので、無くなり次第終了とさせていただきますのでお早めにご注文いただけたらと思っています。


2017年5月24日水曜日

もう少しでクリスマスローズの種販売が始まります

 
 ほぼ、9割方クリスマスローズの種を採り終わり品種別に袋に入れる作業をしています。

園芸の最高の楽しみ方、寒い季節に小さな種から双葉が顔を見せ、本葉が現れ日々大きくなって花を咲かせる。

クリスマスローズのお求め方としてはいろいろありますが、ただ、花を咲かせて愛でることだけで無く小さな種から育てるのも大きな楽しみ方ではと思います。

販売するクリスマスローズの種は全て自園で咲かせた、またブログやFacebookなどで紹介した花から他家受粉で交配し種を採取しています。

http://www.wakaizumi-farm.com/itemlist.html

袋つめももう少しで終わりますので、今週末頃にはネットショップで販売を開始できるかと思いますので楽しみにお待ちくださるようお願いいたします。





2017年5月23日火曜日

アゥグチフォリウスの種採取と意外な話し

 


アゥグチフォリウスの種採取を開始しています。

クリスマスローズの種類の中では最も大きく育ちますが、いまいち人気の盛り上がらない種類です。
花の色は緑、茎のある有茎種で派手さが無いのが原因かと思いますが、一般に安価でホームセンターで苗が売られていることも一つの原因かも知れません。

しかし無茎種のハイブリッドには無い魅力を備えていることはあまり知られていません。

このアゥグチフォリウスは二つの魅力があります。

一つはボーダーの花壇に植え込まれると無茎種のクリスマスローズには無い存在感を見せてくれ、またもう一つは房状に広がる緑の花、これがセンス豊かなテクニシャンの花屋さんにもてはやされます。


単に花束を作るのではなく、アレンジの素材として。

数年ほど前に花の卸問屋の方が4月も半ばを過ぎて訪ねてきたことがあります。

結婚式の会場飾りに緑のクリスマスローズを所望したお客様が居て、クリスマスローズがこよなく好きで、それも緑の花をブーケに使いたいとのこと。

その頃はクリスマスローズの花も終わりを告げて、アゥグチフオリウスだけが庭の片隅で種を採られるのを待っている。

種さやは膨らんでいてほぼ花は終わりと言う具合でしたので差し上げられませんでしたが、聞くところによるとアゥグチフオリウスの切り花は市場でここだわりのアーティスト達につかわれているそうで、市場の価格もだいぶよろしいみたいです。

2017年5月12日金曜日

立てば芍薬座れば牡丹 歩く姿は百合の花

 立てば芍薬座れば牡丹 歩く姿は百合の花。

クリスマスローズの事を忘れてしまった訳ではありませんが初夏の花と言ったら芍薬、そして牡丹。

ここ最近は、清々しい初夏と言うより暑すぎる初夏。
そして降雨が無く庭の土は乾いてしまって植物には苦しさを与えているようで心苦しい季節です。


クリスマスローズの花は開いてから1週間や10日は楽しめますが芍薬と言ったら開いてからほんの僅かな命。

派手な花に似つかず、そこに人気の源でもあるのでしょうか。

2017年5月10日水曜日

姫ヒオウギスイセン



大陸から海を越えてやってきた黄砂が車のボンネットを白く汚していますが、昨夜からの雨で少しは汚れが落ちてきたようです。

地上では春爛漫と姫ヒオウギの花が咲いて一月前とは違い賑やかになってきました。

この姫ヒオウギ、綺麗で、そして可愛いのですが、すぐに種を結びあちらこちらにまき散らすのが難点。

最初は3号程度のポットに数株入っているのを購入して、おもしろ半分に種取をして庭に蒔きましたら、翌年には稲のような葉を延ばしてくれ親の心子知らずとでも言うように咲き誇っています。

芝の中で咲いているのは土の中にある球根を掘り起こして棄てるしだいで、九州のある地方ではこの姫ヒオウギの仲間、ヒオウギスイセンは庭に植え込んだり県に移入するのを禁止しているとか。


2017年5月8日月曜日

初夏 クリスマスローズとギボウシ

クリスマスローズの花が終わると季節はギボウシ。
 
英国風というようにギボウシを日本のものでは無いように思われるかも知れませんが、どっこいギボウシは日本や中国などの湿った林の中に自生している。
 
人気はもう少しというところが有りますが、初夏のお日様をナツツバキやモミジの葉陰でお菊葉を広げていく様は答えようも無い喜びです。
 
寒い冬には葉を枯らして冬芽だけでやり過ごし、木々が芽吹く頃になると一斉に葉芽をたちあげてクリスマスローズの花が終わって、少し寂しくなった庭を賑やかにしてくれます。



ギボウシの花芽。
 
あと数日で花が開いてくれます。
 
花には清々しい香りを話す品種もあり、ちょっとだけクリスマスローズから浮気しても良いかななどと。


2017年4月29日土曜日

ゴールデンウィーク初日

 気がついたらBlogの更新を2ヶ月もサボってしまいました。

サボったと言うことではなくフェースブックの方に投稿が偏ってしまったのが原因です。

そうこういうっているうちに東京ではクリスマスローズの花も終わってしまい初夏の花たちが庭を彩るようになってきました。

このシランもそのうちの一つ。



2017年2月28日火曜日

絹の肥料はバイオゴールド

絹の肥料は有機肥料のバイオゴールド。 
 
三年前の2月に双葉が出た苗と二年前に双葉が出た苗にバイオゴールドを与えています。

二年苗にはバイオゴールドを4粒、三年苗には13~14粒、クリスマスローズには
大変豪勢なご馳走ですが、土の中に住んでいる有用なバクテリアを多く発生させるのに役立つ。
 
 
 2月末から3月にかけては三寒四温と言う言葉もありますが徐々に気温も高くなってくる頃。
絹の葉も活きよい良く伸ばし開花にはリンだカリだとの肥料成分に気を使うより、むしろ根を活発にして病害からの攻撃に抵抗力を強めるためにも有用なバクテリアが土の中に多い方が良い。