東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にかなった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売で。

2017年2月10日金曜日

親の気持ちを知らないクリスマスローズ

 
 親の気持ちを知らないクリスマスローズとは絹のことかも知れません。

双葉が出てから満3年、バイオゴールドのご飯を食べたせいか、5年目の春に花を咲かせれば良いのに暮れの頃から蕾を見せてくれるものも時々ある。

初期の頃の育種では丸5年過ぎてやっとのこと花を見せてくれましたが、タクトのバイオゴールドに切り替えてから満三年で蕾を付けるものも出てきました。

昨年の秋に販売した絹の苗でも、お客様のもとに嫁いて今頃はピンクの蕾を上げ始めているかも知れません。

この画像は今日撮影したものですが、苗の中には葉脈に白や薄いピンクの模様が入っているものもあって葉の楽しみも増えそうです。


0 件のコメント: