クリスマスローズの花でガーデナーの皆様の笑顔がみたい。東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にあった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売でお求めください。

2018年4月20日金曜日

花嫁の帽子 クリスマスローズの袋かけ


完了。

2月始めから受粉させていたクリスマスローズの花。

あれよあれよと言っている間に種莢が大きくなってきてホッとしている間もなく、種莢が大きくなってくると慌ててしまうのが毎年の事。

うっかりすると種莢が割れて熟した種が弾けてくる。


画像は絹の帽子。

次期世代の絹を作るためにニゲルにチベタヌスの花粉を付けている。

雄しべは完全に取り去っての花粉付けだから時間がかかる。

それと同時にニゲルの先端が小さいために花粉をこすりつけるのに苦労する。

しかし袋かけの次期になって種莢が膨らんでこないのを見つけるが、雌しべが熟していないときの花粉付けをしたために種が熟してこないのが原因。

しかし個体によって受精しないものがまま出てくる。

つまり相性が悪い。


ビフォーアフターと言うわけでは無いが、袋かけをする前に受精していない空の種莢と茎を切り取り袋かけが楽に出来るようにする。


2018年4月13日金曜日

クリスマスローズの種莢が大きくなっています

 初夏のような気温が心地よい日が続きますね。

クリスマスローズの種莢も大きくなって莢の中に種が作られているのが、指を触れると解るようになってそろそろ種が零れないようにと袋かけの準備。
 種を採るための花粉付けは2月から3月始め頃に集中しますが、中には莢が膨らまないものも出てきます。

それはいくつかの原因があります。

一つ、雄しべは熟していて花粉を出していても雌しべが熟していないときに花粉付けをした場合。
自家受粉を避けるために早めに行ったときにおきてきます。

他の花は膨らんできても、花粉の根が子房に届かないために受精しないで居る場合。

それとは別に、想像妊娠とでも言うようなことも出てきます。

種莢は膨らんできているのに、指で摘んでみると莢がつぶれてしまう。
最近ではほとんど聴くことはありませんが、10年以上前にオーストラリア系のダブルにそんなことが有った記憶があります。
 上の画像はクロアチカスダブル。
一つの莢に種の数は3~5粒。
ハイブリッドや原種のニゲルと比べると非常に少なく効率は悪くなります。

これは無茎種の原種によく見られる現象です。

 クリスマスローズの花が咲いているときには殺虫剤や殺菌剤を撒くときは稀で、花が終わって種莢が膨らんでくる頃から散布を開始します。

殺虫剤を散布して数日すると下の画像に見える黒いシミ。
薬害です。
農薬を薄くして使ってもおきてしまいますが、すでに花は終わってしまっていますのでおおきな害にはなりません。

ただ経験の少ない方だとブラックデスと間違えやすくなってしまいます。
注意が必要ですね。

2018年4月12日木曜日

クリスマスローズのビフォーアフター

 
クリスマスローズ前線も桜に先駆けて津軽海峡を渡ったようです。
 
東京や関東地方ではすでに花は終わり花色も退色を始めています。
 
つい一月前は綺麗な色を見せてくれていましたが、気温が高くなるにつれ、花茎は伸び二番花、三番花と開かせて芽を楽しませてくれていました。

 ビフォーアフター。

花茎切りの前と後。

花茎を軸基から数センチ残して切り取ります。

すでに種を結び大きくなってきていますが、地植えだとほぼセルフで種付けがされていますので、それらは無視して切り取ります。

軸基まで太陽の光が差し込んでいませんでしたが花茎を切り取ることによって立ち枯れ病の害も少なくなると思います。

なを切り取るときには第三リン酸ナトリウムの10パーセント溶液にハサミを浸してウィルスから株を守るようにします。


2018年3月22日木曜日

クリスマスローズ苗のポットあげ

 
 昨年の5月に採取して1月に発芽したクリスマスローズハイブリッドの苗。

1月に双葉が発生し、3月に入る頃に本葉が出てきた。

ポット上げをおろそかにすると後の祭りになる。

本などには、まず書かれていないこと。

それは双葉の下の茎を空気に晒さないこと。

間違いなく本葉の下まで用土で隠す。


2018年3月6日火曜日

クリスマスローズ ニューハイブリッド 雅

 
 昨年まで内弁のリップの色が白と黄色でしたが、今年度からリップの色が緑が加わりました。

また外弁の色が赤と紫を中心に作っていました。

新たにグレーと紫の混じった奥の深いグレーパープルの色が加わっています。


2018年2月24日土曜日

今日は暖かい日でしたね

 
日中、絹のハウスに入るとビックリするような暖かさで少々面食らってしまいました。
 
昨日の雨のせいか花弁も艶やかで濃いピンクの蕾とは全く違った趣で、
 
絹のポット替えもほぼ終わり、次世代の苗にも肥料をしっかり。
 
 

 

2018年2月23日金曜日

弥生3月3日は桃の節句

 
弥生3月3日は桃の節句。
江戸時代までは貴族や武士の行事になっていたそうですが江戸時代に庶民に伝わって
小さな女の子が大きくなって幸せな生活をおくれるようにとの行事に変わってきたと言われています。
3月はクリスマスローズにとっても大切な季節。

啓蟄も3月。

それまで草や木の枯葉の中で息を潜めて寒さをやり過ごしていた虫たちが動き出すころ。
花の観賞ばかりに気をとられているわけには行きませんし、植え替えも、施肥も、草取りもと
忙しさが募ってくる季節。

クリスマスローズの育て方、春3月のページを紹介いたします。

http://www.wakaizumi-farm.com/newpage35.html

2018年2月18日日曜日

サンシャィンが終り花が咲き始めました

 
16日から始まった池袋サンシャィンシティのクリスマスローズの世界展、盛況の内に終わりました。
 
お客様と話をしていると、自分の庭にあるクリスマスローズはまだ咲いてくれないのにココではいっぱい咲いていると、喜んでいました。
 
お客様の庭では、まだ蕾があがってくる頃、もともと気温が少しずつ高くなってくると地際で一花さかせて、次に茎が伸び始めて花を次次咲かせてくれる。
 
お客様達は、それを待ちきれないようです。
 
もう少し、待っててくださいね。
 
綺麗に咲きますよ。
 
そんなクリスマスローズのヒソヒソ話が聞こえそうです。
 

2018年2月15日木曜日

明日からサンシャィンのクリスマスローズの世界展


 

明日の池袋サンシャインの天気は晴れ。

 一足先に「クリスマスローズの世界展」の準備風景を紹介いたします。
 

気象予報によると東京、池袋では雨の心配も雪の恐れも無いようです。

サンシャィンの隣にはプリンスホテルもありますので、今夜は泊まり、朝一番で会場入りをしようと思っている方も多いようですが、ゆっくりゆっくりクリスマスローズの品定めを。

まずは、まだ飾りの準備の風景を。

秘密の小部屋もありそうです。





2018年2月9日金曜日

踊り明かしましょ Shall We Dance

 Shall We Dance。

だいぶ前に公開された映画のタイトルです。

Shall We Dance。

役所広司と草刈民代のペアーで好評を博しましたが、映画の話はさておいて。

クリスマスローズのShall We Dance。

まだクリスマスローズの開花株は未発売になってしばらくお蔵入りと。

10数年前から育種を開始し、いったんは断念しましたが5年ほど前から再度チャレンジ。

ヒデコートダブルの醜いところはほぼ消えて、美しさだけを独り占めし、もう少し時間をもらえますと販売にかかれると思っています。

八重のクリスマスローズには無い蜜管、八重の花と無いはずの蜜管が同居、色はホワイト、ピンク、赤、射程に入ってきたようです。


2018年2月6日火曜日

朝一番にクリスマスローズハウスを覗く。

毎日、夕方、暗くなった頃に農場からクリスマスローズの株を積んだトラックが帰ってくる。

暗くなってからだとどんな株が入ってきたか解りませんが、朝一番に見ると丸弁カップ咲きのクリスマスローズなどがハウスの中でおはようと言ってくれる。


しかし、1月中頃と違って花弁が開いた株は少なく蕾がやって膨らんだ物が多くなっている。

先ほどテレビにニュースで北陸地方の大雪、一晩に50センチ以上の積雪。

ここ関東地方でも冷蔵庫に入ったような寒さが続いている。そんな性でクリスマスローズの開花が遅れてしまっていいる。

2018年2月4日日曜日

絹の白い模様は墨流し染めのよう



 
 栽培温度を高くしていませんのでクリスマスローズの開花が遅れています。

明日から朝の最低気温が下がり始め日本列島は寒気に包まれてしまい、日本海側は大雪。

関東は晴れが続くようです。

去年の春に4号ポットから5号ポットに移したニゲルとチベタヌスの交配種、絹はやっと頭を持ち上げて少しでも気温が高くなれば花弁を開かせようっと身構えて寒さに震えているところです。

淡くピンク色の弁の中に墨流し染めのように白い模様が入っています。

これから2年もしますと7号から8号に入れなければ始末に負えないほどの蕾を着けて花が咲き誇ります。



2018年2月1日木曜日

サンシャィンシティの展示会でお目見えの絹開花

 咲きます、咲きます。

サンシャィンのクリスマスローズの世界展、いっぱい花を咲かせます。

2月16日から池袋サンシャィンシティで開催されるクリスマスローズの世界展のナーセリーコーナーで展示される絹の大株です。

 ニゲルとチベタヌスの交配種、絹ですが株分けされて輸入されているものではありません。

二つの原種を交配しても何年か咲きに咲いてきても白花のニゲルばかり、神様の思し召しかもしれませんがほぼ実生での増殖に成功しました。

展示する株は双葉が出てから8~9年。
今では一尺の鉢に入って展示会で見てもらいたいと蕾を膨らませています。

同時に、実生の開花株も展示会場で販売されます。

週明け頃からネットショップで開花株を販売する予定です。

http://www.wakaizumi-farm.com/shop/2.html



2018年1月30日火曜日

発芽から5年目の絹、花が開くのはもうすぐ

寒さが厳しくなりそうですね。

発芽から5年目、4年目を迎えてほとんどの株に花芽が付き、ピンクの蕾を持ち上げてきたハイブリッドの絹です。
一つの株に花茎が1本、2本と持ち上げて、今にも咲いてきそうな雰囲気です。

去年の2月に4号のポット入りの絹を5号のポットに、一年過ぎたら可愛い花を咲かせてくれよとの願いを込めて。

ネットショップ、もう少しでお目見えする予定です。

2018年1月29日月曜日

砂漠からの贈り物 ヴェシカリウス

 
 ヴェシカリウスとチベタヌス。

ハイブリッドのクリスマスローズと違い育て方が難しい双璧といわれます。

しかしハイブリッドや他の原種とは全く違った植物と考えれば、本などで書かれているより以外と簡単なのかもしれません。

まずは染みついた考えを捨てる。

この苗はすでに三年目を迎えていますが軽石8割、ハイブリッド用に作られた用土を2割で栽培されています。

Blogのサイドバーにあるネットショップをクリックすればヴェシカリウスのコーナーに行けます。



2018年1月28日日曜日

厳しい寒さの中 雅が笑ってくれました


毎日、毎日寒さが緩む気配は無し。

しかしクリスマスローズにとっては寒さが嬉しく感じています。

日一日と厳しさが増してくるのとは逆にオリジナルの雅が少しずつ咲き出しています。

2018年1月27日土曜日

直売と全国のクリスマスローズの展示会情報をアップしました

 
 
 
2018年もすでに2月になろうかという頃になっています。
 
2月と聞くと、それは池袋サンシャインシティで開催されるクリスマスローズの世界展をかわきりに、
 
北は北海道札幌から南は広島、岡山と全国でクリスマスローズの展示会が開催されます。
 
クリスマスローズを展示するだけでなく開花株の即売も行われるところがミソ。
 
 
 
 
若泉ファームではクリスマスローズ開花株の直売を行っています。
 
池袋サンシャインのクリスマスローズの世界展招待券を、お買い物をされたお客様にプレゼントしています。
 
招待券の枚数には限りがありますので早い者勝ちかもしれませんが50枚用意しています。
 
 

2018年1月24日水曜日

実生から5年目 原種クロアチカスが咲き出しています。

 実生発芽から5年目を迎えるクロアチカスが咲き出しています。

原種と聞くと育てるのが難しいとよく言われますが、通常、販売されているクリスマスローズの原種苗は発芽から10ヶ月くらい過ぎた、人間で言えばまだおむつがとれた時期。

75ミリくらいの口径のポット苗、当然のこと根が張ることはまれで、それを購入しても花が咲くまでは4~5年はかかる。

その間の水やりや肥料の過多などで腐らせてしまったりすることが多く、原種の素朴さを楽しむには大変と言う具合で諦めてしまう趣味家も多いようです。

今回は、その原種を育てる難しさを完全に取り去って、難しい部分は当ファームが、楽しみはお客様にとクロアチカス、トルカータス、デュメトルメなどの開花株、蕾付きを用意いたしました。
 発芽から5年目を迎え、ポットのサイズは12センチポット。

無理に加温をして咲かせた開花株ではありませんので、購入されてから露地に置いて昨日今日のような低温環境に置いていても全く問題は発生しません。

安心して原種の趣を堪能できます。


それと未だ、ネッショップではオープンしていない秘密の原種も直売では販売を行っています。

http://www.wakaizumi-farm.com/

http://www.wakaizumi-farm.com/karenda-.htm